不妊症の人は年々増加している?その原因と理由について調べてみた

私が不妊について調べているとわかったことがあります。

それは年々、不妊症の人が増えているということです。

なぜ不妊症、妊娠できない人が増えてきたのでしょうか。

 

そもそも晩婚化で結婚が遅くなった

不妊、妊娠できない人が増えてきた理由のひとつが、

最近の晩婚化によるもののようです。

最近は晩婚化が非常に増えてきています。

こちらの婚活サイトでも、晩婚化に関する記事をよく見かけます。

晩婚化について 婚活クラブ

最近は20代での結婚が珍しくなり、

初婚の平均年齢が29歳になっています。

さらに、結婚してもすぐに子作りをするという人も減り、

それがさらに不妊の確率をあげることになっているようです。

最近は平均所得、世帯所得も年々減少しているので、

20代での結婚、30代で結婚したとしても、

すぐに出産して子供を養えるだけの経済力がないという

不安も不妊の大きな要因のひとつになっています。

妊娠するには25歳がベスト

医学的に、女性は女性ホルモンがピークになる25歳で

妊娠することが一番ベストでトラブルが少ない年齢のようです。

25歳という年齢が一番妊娠の可能性が高く、

また妊娠から出産するまでのトラブルが少ないことは、

医学的にも実証されています。

女性ホルモンは35歳をすぎてしまうと更年期に入ります。

そのため35歳を境に、妊娠しづらくなると言われているのは、

この更年期が原因です。

35歳をすぎると妊娠もしにくくなりますし、

また、妊娠中から出産までのトラブルも増えてしまいます。

 

絶対に妊娠できないわけではない

このように晩婚化、経済的な理由から、

妊活を始める年齢が高くなり、結果として妊娠しづらい年齢に

なってしまうということが急増しています。

これらはいろんな社会背景も影響しています。

ただ、ここで知っておいていただきたいのは、

35歳を過ぎたら絶対に妊娠できないということではないということ。

確かに医学的にも妊娠しづらくなっている年齢であることは

証明されていますが、35歳を過ぎても妊娠している人はたくさんいます。

決して妊娠できなくなるわけではないのです。

ただ、妊娠しづらい年齢であることは確かですので、

妊娠出産をしたいと考えているのであれば一刻も早く妊活に

取り組まなければいけません。

そんな人は、まずはこちらの妊娠マニュアルは必需品です。

私はこれで妊娠できました!妊娠する方法が知りたいなら絶対これを読んでください!しあわせ妊娠マニュアル

年齢的に厳しくなったとしても、

妊娠をしたいと心底思っているのであれば諦めてはいけません。

諦めた時点で妊娠することはなくなってしまうのですから。

可能性がまだあるうちは、諦めずに妊活を頑張りましょう!

私が妊娠した方法まとめ


 

新着